MENU

ゴルフのパッティングの打ち方

ゴルフのパッティングの打ち方について紹介したいと思います。ゴルフのパッティングで距離感がなかなか安定しない場合は、手首をこねている打ち方になっていると思います。ゴルフのパッティングの基本はストローク式になります。両手首は固定しておいてストロークするのが一番いいゴルフのパッティングの方法です。右手は手の平側には曲げないで、左手も甲側に曲げないでアドレスのそのままの形でストロークします。ゴルフのパッティングの方法はもう一つあって、両肩を中心にしてストロークを行うというやり方です。アドレスで作った姿勢を変えずに肩のターンだけでストロークをしていきます。この両方のゴルフのパッティングの方法は両方とも手首を固定させてテークバックとフォローの降り方の幅が同じになるようにストロークをします。

 

11そしてゴルフボールが自分の思い通りの方向に行く用にするためには、目標にしている線の上でゴルフボールの先50センチくらいのところに目印をつけていて、そこの上をゴルフボールが通るようにすれば上手にゴルフのパッティングの打ち方が出来ると思います。ゴルフのパッドのラインの読み方はグルーンの状態はフェアウェイにいるときからmj手置くといいと思います。見るときのポイントとしては、グリーンの高い部分と低い部分を知っておくことでそのグリーンの構造がわかると思いますからそれを役立ててゴルフのパッティングにつなげます。

ゴルフのコースの基礎

ゴルフのコースについて紹介したいと思います。ゴルフのショートコースといわれている練習用のゴルフコース以外のコースは、一般的には18ホールあります。それぞれのゴルフのホールには規定の打数が決められていてパー3のホールをショートホールと読んでいますし、パー4のゴルフのホールはミドルホールと呼んでいます。一般的にゴルフの前半の9ホールは、アウトといって、後半の9ホールというのはインと呼ばれています。それぞれのゴルフのホールには、フェアウェー、ラフ、グリーン、バンカー、池、ティーボックスなどから作られています。そしてゴルフのホールの外はアウトオブバウンズといって略してOBと呼ばれています。

 

11ゴルフ場のコースのグリーンは芝をとてっ短く刈っていてスムースな面に下がっています。そしてその周りのエプロンといわれている場所は少し濃い芝が惹かれています。ゴルフのホールは、カップを意味しているのですがティーからグリーンのすべてをホールという言い方で言われていることもあります。ゴルフでは18ホールのコースが二つ三つあるということになります。ゴルフのコースを知っておかなければ実際にゴルフ場でコースに出たときにはどうすればいいのかよくわからない人も多いかもしれませんから、少しくらいゴルフコースの知識を入れておくといいと思います。

ゴルフのフェアウエーウッド

ゴルフのフェアウェーウッドについて紹介したいと思います。ゴルフのフェアウェーウッドというのは、普通のウッドに比べると低重心のゴルフのクラブなのですがコレは1990年代後半の流行りましたそれ以来フェアウェーウッドは今でも人気があります。現在では、7番と9番のウッドを持っている人が多いのですが11番と13番のウッドを持っている人も多いといわれているほどとっても使いやすいゴルフクラブなんだそうです。最近のフェアウエーウッドでは、チタンのヘッドにカーボンシャフトをつけたものが販売されていますがゴルフのシャフトの長さとクラブヘッドの重さなどのバランスを考えて作られているようです。

 

11ゴルフのフェアウェーウッドは、昔のクラブよりも低くて、深い重心のヘッドでできているので、ゴルフボールを簡単に上がるようなゴルフクラブが作られています。初心者にはいいのですが上級者のためには、あまりゴルフゴールが上がりすぎないような機能のゴルフのフェアウェーウッドを選ぶほうがいいかもしれません。注意しなければいけないのは、フェースの角のフローでロフトが大きくなるために、フェース角をオープンにしていくのが正確なフローだということです。